最新記事

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ホビキンに注文(5回目)

また間開いたけど停滞はさせない!!

ということで今度こそ飛ばすぞと言う意気込みで再び発注をかける。
11/8木曜の23:45に注文、支払いをして11/16金曜の夕方到着。

内容…

DSC_0204.jpg
バッテリーチェッカー、メインギア、ワンウェイベアリングホルダー、キャノピー、3セルリポ2本を6セルリポとして充電できるようにするハーネス、瞬間接着剤、テール用のデジタルマイクロサーボ、フライバー、キャノピーナット、ネジロック、proにも使えるらしい(?)カーボンテールブーム

DSC_0280.jpg
小物類と…

DSC_0281.jpg
キャノピー。
勿論2箱で送られてきたわけではなく、撮影ブース?として箱を使ってるだけです…

DSC_0282.jpg
ラベル直張りとはこれいかに
写真ではキャノピーナットがすでに取り付けてありますがキャノピー単体では付属しませんので注意。

DSC_0284.jpg
ブレブレですがバッテリーはキャノピー内側に接触してないようです。
ラベル綺麗にはがれないし…

DSC_0285.jpg
ギヤがキャノピー内側に接触してます…
キャノピーとキャノピーマウントの間にスペーサー挟むなりキャノピー切るなりしなきゃならないようですね…

みにくいですが写真を良く見るとギアが変わっています。本当はギア一式換えてますが。
これは以前購入した互換品のものです(VCTRCというところのもの)。
キットについていたものとの外見での違いはワンウェイベアリングホルダーにロゴが入っていることと、メインギヤがフィン形状でないものに変わっていること。

ちなみにメインシャフトも購入。勿論入手先はヤ○オク。
それでもシャフトとギヤのブレが良くならないので今回ホビキンにギヤ&ワンウェイベアリングホルダーを注文した次第です。


DSC_0283.jpg
カーボンテールブームはRJXと言うところのものらしい。
すごく軽く感じる。

DSC_0286.jpg
今装着してあるブーム(PRO互換品)と比べてみると穴の径が小さく、ブームの端からの距離が長いのでそのままの装着はできず。

DSC_0289.jpg
なのでちゃっちゃと加工。
ピンバイスで3mmに穴を広げ、さらにブームの端へと穴を広げます。
ブームの端へ穴を広げる作業は、何回もテールユニットをつなげてみてスタビライザーマウントが入るようになるまで、削って合わせてみて…を繰り返します。
穴を広げすぎるとガタが出るかもしれないので。
トルクチューブのベアリングはすんなり入りました。
この作業だけでproに装着出来ました。

しかし写真には写していませんが、このカーボンテールブームはもとのテールブームよりも大体5mmぐらい?長いので何かしら異常が出てくるかも知れません。ギヤに対してのトルクチューブの掛かりが浅くて余計な振動がでるかも?
元のブームは予備として使うことにします。


DSC_0287.jpg
テールサーボはとりあえず形にして、サーボマウントに装着。
サーボホーンの取り付け穴から近い順に2個目の穴を2mmピンバイスで穴を広げボールを2mmナットで裏から固定。
ですが3個目のほうが良さげです。
サーボホーンは多分TG9eと同じものですね。

また、上からサーボマウントへ装着するとテールブームマウントにボールが干渉してしまったので下から装着。
こちらも一応2mmナットを着けておきました。
気分で線をドライバーに巻きつけカールさせる。
前とは違って綺麗に纏まりました。


DSC_0288.jpg
充電ハーネスはこんな感じで使います。
バッテリーからハーネスへはバランスコネクタしか接続しないので、2A程度まででしか充電できないので注意。
充電リードが大分無理してますので近々新調しようと思います。
ちなみにこの充電器はimax B6というもの。
ホビキンでも扱ってる有名なものです。

寝そうなのでまた次回に続きます…


2012/11/18/23:58
スポンサーサイト
2012-11-18(Sun)
 

うつどん

Author:うつどん
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

自分のやりたいことやってます。
興味の行く方向がコロコロ変わります。
語彙が少なく稚拙な文章ではありますが、よろしくお願いします。

カ ウ ン タ ー
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。