最新記事

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

再組み立て

どうにか年内にヘリを飛ばす(飛ばしたい)ため、ローターヘッド周辺の再組み立てを始めます。

ヘッドの部分はヘリの購入以来あまり触れることはありませんでしたが、ヘッド周辺は油がベットリとついているため、分解、清掃とネジロックを使って組み立てていきます。

使うものは…
DSC_0310_5.jpg
ついこの前HobbyKingで注文したTL-680
もちろんこれでなければダメなことはありませんが、できれば強度は「中」程度がいいようです。
TL-680は「Ultra High Strength」=超高強度となっていますが、手元のTL-680には「High strength」=高強度となっています。また、外見もちょっと違います(六角形のデザインはなし)。


今日はとりあえず説明書である以下のところ(スワッシュプレートとウォッシュアウトコントロール部分)をやりました。

DSC_0310_4.jpg

DSC_0307_1.jpg
スワッシュプレートはエレベーターサーボと接続する特殊な形のボール以外のボールは全て取り外し、スワッシュプレートのネジ穴の中と、ボールのネジ部分をクリーナーとキムワイプを使ってきれいに汚れを拭き取ります。
キムワイプはティッシュよりも毛羽立ちにくいのでラジコンで使っている人も多いです。

それからネジロックをネジ部分に塗って元通り組みなおすのですが、塗る量は大体ネジ先端から1mm程度に薄ーく塗る程度でいいようです。
ネジロック剤のノズルから直接塗ると多く出しすぎてしまいますので、一旦ノズルから爪楊枝の先端に塗ってからネジに塗るといいそうです。

エレベーターサーボと接続する長いボールは何回か外すことがありそうなので、少し薄めに塗ってみました。


続いてウォッシュアウトコントロール部分。
DSC_0309_1.jpg

構造がわからなくなってしまうと困るので、片側ずつ外してやっていきます。
DSC_0310_1.jpg
まず、ボールは先ほどのスワッシュプレートの時と同じような手順で。

次にウォッシュアウトベースとの接続部分をば。
まず、取り外したネジとウォッシュアウトベースのネジ穴を洗浄。ついでにワッシャー(スペーサー)も。
この時はウォッシュアウトベースのネジ穴に爪楊枝を突っ込んでネジロックを塗ってみました。
因みにですが自分の互換機とこの説明書では少し構造が異なっており、ワッシャーがウォッシュアウトアームの外ではなく内側に取り付けるようになっています。よく見てみると説明書にあるはずのウォッシュアウトベースの丸い段が自分のものにはないんですね… すごいわかりにくい。

ウォッシュアウトベースにウォッシュアウトアームを取り付けたら、ネジロックが固まる前に、ウォッシュアウトアームがスムーズに動き、かつガタがないように調整しましょう。

続いてラジアスアーム…
ラジアスアームとウォッシュアウトアームの接続は面倒なのでやっていません。
ただプラスドライバーを取り出すのが面倒だっただけですが…(自分のモノのビス頭は+形状だったもので)


次はフライバーの周辺あたりを組み立てたいと思います。

2012/12/19/22:59
スポンサーサイト
2012-12-19(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


うつどん

Author:うつどん
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

自分のやりたいことやってます。
興味の行く方向がコロコロ変わります。
語彙が少なく稚拙な文章ではありますが、よろしくお願いします。

カ ウ ン タ ー
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。