最新記事

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

文で伝えるのは難しい…

リンケージは結局オークションで買うことにしました…
いい加減もう財布が厳しすぎます…




では今回はヘッドとテールの再組み立てを。

ヘッド......
DSC_0323.jpg
まず片方のローターグリップ(メインローターホルダー)の中のビスを外したのち、ヘッドストッパー(写真の丸いもの。フェザリングシャフトを固定してます。)のビスを外します。すると、もう片方のローターグリップがフェザリングシャフトごと抜けます。
それでパーツを分解してオイル(WD-40)を塗っていきますが、直接噴射するとあちこちに飛散して大変なことになります。
ですので…

DSC_0326.jpg
一回塗料皿に出して、つまようじでチョンチョンと塗っていきました。
塗ったのはベアリング側面とスラストベアリングの内部ですが、ベアリングはメタルシールを外すのがとにかく面倒なのでシールがついたまま塗布してやりました。

あとはメインローターハウジングにオイルを塗ったフェザリングシャフトを挿入、片側のネジ穴にだけネジロック剤を塗布し、ダンパーゴム、カラー、ローターグリップ(ベアリング含む)を取り付け。ビスには小さいワッシャー、スラストベアリング、大きいワッシャーをはめていく。ビスがベアリング内側に接触しないようにネジ穴にねじ込む。
これを両側同じようにして、フェザリングシャフトの両側から2本の1.5mm六角レンチで結構なきつさまで締めていきます。次にビスの先にネジロック剤を塗ったビスによりヘッドストッパーでフェザリングシャフトを固定。あとはフェザリングシャフトの左右のビスを緩め、ガタがなく且つグリップがスムーズに動作するところで止める。
DSC_0319 _4
もっと他に良いやり方があるでしょうが、とりあえずこれで…でもネジ穴にオイルを入れないよう注意です!
自分はこうしましたがヘッドストッパーがうまくフェザリングシャフトを固定してくれなくて困った。
ある程度スムーズでしたので妥協しました。



......テールユニット

説明書では以下の部分。
DSC_0330_2.jpg
DSC_0330_3.jpg
(クリックして拡大すればもっときれいになります…)

いつも通り一通り洗浄してスライドシャフト以外のネジ部分はネジロック剤を塗布してねじ込みました。
スライドシャフト部分はただやり忘れていただけです…
また、ベアリングやカラーにはオイルを軽く塗ってみました。

以下は調整前のテールローターグリップ部ですが…
DSC_0327.jpg
ここまで緩んでいたとは…

それよりも問題なのはテールローターシャフトが思いっきり曲がっていた事。
いままでメインローターに気をとられすぎていて気づいていなかったのです。
どうしよう…でも結局オークションへ…
ついでにまたまたメインシャフトも購入へ。


財源が不足していますがもう少しの辛抱でしょうか。
もうすぐ新年が来るんです!ということは・・・
クリスマスなんざどうでもいいですがそこは重要なんです。


次はフライバー辺りを弄ってみます。

2012/12/24/22:47
スポンサーサイト
2012-12-24(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


うつどん

Author:うつどん
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

自分のやりたいことやってます。
興味の行く方向がコロコロ変わります。
語彙が少なく稚拙な文章ではありますが、よろしくお願いします。

カ ウ ン タ ー
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。