最新記事

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

CA870の分解

CA870ストックのレシーバーにレールを取り付けるため、レシーバー部分の外装を取り出します。
分解とは言っても、そんな難しいことではなく、+ドライバー大・小、2mm六角レンチがあればokです。
正直「CA870 分解」で検索をかけると、もっと分かりやすい解説が載っていますが、一応書いておきます。

初めに、ストックをはずしていきます。
DSC_0061_201412112102078a7.jpg
ストックのバットプレート(肩に当てる部分)の2つの+ビスをはずします。

するとバットプレートがはずれます。
DSC_0062_201412112102098bf.jpg
次に大きなビスをはずします。
このビスは、一本でストックと本体をつないでいます。
奥まっている場所にあるので、届かないドライバーもあるかと思います。

これでストックは外れました。
DSC_0063_201412112102109a9.jpg
ストック内をパイプが通り、そのパイプ内をビスが通って固定されています。

では、本体側の分解です。
DSC_0064.jpg
レシーバーにとまっているのは、六角ビスが両側から1本ずつと、ピン一本です。
最初に2mm六角レンチで六角ビスをはずしてしまえば、ピンは六角レンチなどの細い棒で押せば簡単にはずれます。
ピンの押す方向は右側からでも左側からでも構いません。

ビスとピンがはずれたら、トリガーガードを下方向へ引き抜き、はずします。
DSC_0066_20141211211554d95.jpg

最後に、レシーバーをスライドさせてはずします。
DSC_0068_20141211211558a5d.jpg
このときエジェクションポートカバーもはずれます。
レシーバーはトリガーを避けるように、反時計回りにまわすようにはずします。



このレシーバーにレールを取り付ける際の一番の問題は、レシーバー上部に彫られた溝です。
DSC_0072.jpg
これによって、上部の厚さは1mm程になってしまっています。
ここにタップを切ってビスで固定しただけでは、強度が足りないのは目に見えています。
それをどう回避するのかは、まだ検討中です・・・

2014/12/11/22:07
スポンサーサイト
2014-12-11(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


うつどん

Author:うつどん
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

自分のやりたいことやってます。
興味の行く方向がコロコロ変わります。
語彙が少なく稚拙な文章ではありますが、よろしくお願いします。

カ ウ ン タ ー
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。