最新記事

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ホンモノの木

お久しぶりです。
アルバイトに入りすぎていたら気付いたころには夏休みが終わってました。

その分給料も入ったわけですが・・・
その半分以上のお金を出してまで買ってしまったのがコレです。





DSC_1678.jpg

マルゼンM1100(ウッドストックモデル)です。中古ですがオークションで約4万円もしました(開始価格は3万だったのになあ)
すでに絶版のモデルなので、これ逃したら次にいつ買えるのだろう・・・と思って買ってしまいました。

このエアガンの特徴はなんと言っても実物同様にマガジンチューブにショットシェルを装填して、発射時に排出するというライブカート式ということです。

マルゼンはこのショットガンのライブカート式エアガンを、M870とM1100のふたつのモデルを出していました。いずれもガス式です。
M870はポンプアクション式ですが、M1100はセミオート式です。ライブカート式のセミオートショットガンのエアガンというのは、世界で唯一マルゼンのM1100のみなんだそうです。

専用のショットシェル(型マガジン)にはBB弾が1~9発まで入れられます。
銃本体にはショットシェルがマガジンチューブ内に7つ、チャンバー内に1つの合計8つ入ります。
ガスは、マルイのM870タクティカル同様にストック内のガスタンクに入れます。


シューティングレンジで試射した結果ですが、全く問題なく動作しました。
命中精度についてはバレルの掃除もしていなかったのでよく分かりません。
たまにジャム(排莢不良)しますが、ボルトハンドルを引き直せば排莢出来るので、あまり気になりません。

ただ、これは本当にどうしようもないことですが、ショットシェルの回収が大変です。
気持ちいいぐらいに元気に飛んでいってくれますのでね。
現在ショットシェルを8つしか持っていないというのも大きいですね。近々追加予定です。

そこで、シェルキャッチャーなるもの(シェルを受け取る箱)を作ってみようかと思います。
素材は革です。レザークラフトになりますね。
必要な工具はだいたい揃いましたので、そのうち製作を始める予定です。
レザークラフトが新たな趣味になるのではないか・・・という期待もあります。

2015/09/12/19:38
スポンサーサイト
2015-09-12(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


うつどん

Author:うつどん
にほんブログ村 その他趣味ブログへ

自分のやりたいことやってます。
興味の行く方向がコロコロ変わります。
語彙が少なく稚拙な文章ではありますが、よろしくお願いします。

カ ウ ン タ ー
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。